地デジに必要なもの

さて、既にインフレとなったテレビが活躍するためには、もし対応するアンテナが無いところであれば、アンテナを取り付ける必要があります。今までのアンテナではダメなの?と思われる方もおられると思いますが、現在の地上デジタル放送は、いわゆる『UHF』という規格のアンテナでないと、受信することができません。ですから、工事が必要な場合があるのです。マンション、アパート、団地などの集合住宅等であると、そもそも個別で行う必要がない、というところがほとんどでしょう。

しかし、個別の住宅の場合そうも行きませんから、自分で依頼を行う必要が発生するかもしれません。また、必要なものはそれだけではありません。従来の放送であれば地上デジタル放送に対応していなくても良いのですが完全に移行してしまったため、従来のテレビを用いたいのであれば『チューナー』が必要になるかもしれません。また、別に地上デジタル放送に対応したテレビを購入する必要性があるかもしれません。どちらにしても、地上デジタル放送を視聴するためにはいくつかの準備が必要であると言えます。

チューナーは、いわゆる『変換』を行っています。従来のテレビでも放送波が見られるように処理を行っているのです。